断食とは

断食とは

体内の酵素を温存することがファスティングダイエットの目的です。
従来よりファスティングダイエット(断食ダイエット)の驚異的な効果については認知されており、世界中で実践されています。

例えば、イスラム教では義務の一つとして飲食を絶つことが行われています。
日本の仏教でも、修行の一つとして断食が行われていました。

ファスティングは正しい知識を持って行えば、ダイエットのみならず美容や健康維持のためにも優れた効果を発揮してくれます。
断食は固形物を一切摂らないので常に働きっぱなしの胃腸・肝臓・腎臓を休めてやることができます。これがファスティングの最も重要な点です。
胃腸・肝臓・腎臓には常に大きな負担がかかっており、これらが体内酵素を一番消費している部位でもあります。
決まった期間、これらの部位を休ませてあげ、外部から酵素を補ってやることで体全体が生まれ変わるような感覚を得ることができます。
体に溜まった老廃物を排出し、代謝活動を正常に戻すことができます。

決まった期間、固形物を一切取らなければ、体が飢えた状態になります。
ファスティングは飢えた状態を体に錯覚させ、人間が本来持っている眠っていた遺伝子に活動させ始めます。

ファスティングを行うことで代謝が促進され、デトックス効果をもたらし、さらには疾病まで回復させる効果がもたらされるのです。
精神にまで影響を与えることもあります。

 

サイトマップ

FX取引で儲ける